カラフルキャラメル

-映画・美術・旅行・お茶など-(基本的にネタバレで好き勝手、雑に書いています)

秘密の森 Ep.12

f:id:colorfulcaramel:20170719203633j:plain

Netflixで6月からドラマ配信開始以来、毎週楽しみにして観ている韓国ドラマ。
Ep.ごとに言いたいこと、ツッコミどころは多々あり、感想やひとりごと的なことを書いていきたいと思っているのですが、なかなか時間がなくて。
わたしの中でEp.12が秀逸だったのでとりあえず。

まずはギョンワン宅で、ギョンワンが涙を流し、ヨジンが慰めるシーンでの、シモクの表情。窓を開け外を眺めたり、ギョンワンとパク・ムソンとの写真を見て、何を思ったのか。シモクも自分の父のことを考えていたのではないかな。
あとは検事長(秘書官)への宣戦布告シーン。シモクが目標にしたというのも良かったし(検事長、ちょっと嬉しそうだったよね?)、この2人のお互い認め合っている関係もいいし、どうもある方面への狙っている感あるなww

「食事にしよう!」
係長から目で訴えられて、半ば勢いで食事に誘うヨジンの言い方と、その後のみんなのチームワーク(=必死さ)の良さよ!シモク、無反応かよと思いきや「行かないんですか?」はズルい... みんなの喜びっぷりも微笑ましかった!色々あって、最終的にヨジン宅でのガーデンパーティになるのだけれど、出て行ってしまったチャン刑事やウンスも誘って、酒を手配させるヨジンの気遣いや優しさを見て、本当にヨジンという人物は最初から最後まで、信頼できて強くて優しくて誠実で感情豊かで正義感があり仕事もできる、安心して見ていられる存在で大好きなのです。シモクやチャン刑事に対しての“姉ちゃん感”も好きだな(「Line of Duty」でのケイトとスティーブのような)。
おそらく、これが最初で最後の食事会になるのかと考えると、チーム感が生まれて、本当に楽しそうな雰囲気やそれを見守るヨジンの表情、乾杯したときのシモクの一瞬の表情など、こちらも幸せな気持ちになり、胸が詰まりそう。もうここで終わって欲しい!
シモクはひとりでご飯食べる方が好きと言っていたけれど、過去のヨジンとの食事や、この特任チームの食事会は楽しかったよね?良かったでしょ、とぜひ言いたい!

フード理論(©福田里香せんせい)的にこのドラマはほんとにバッチリで、映画やドラマにおける好きな食事シーンの上位に入ります!
対してのEp.9の検事長宅での食事シーンは、見ていて本当に居心地の悪い、嫌な食事シーンの上位に入るのだけれど(みんなが帰ったあとに、奥さんが、これ全部捨てて!って言うところなんて、“悪人は、フードを祖末に扱う”に当てはまる!って思った)。これがあったからこそのEp.12があると思うんだよね。上司の家に呼ばれて、上着を着たままご飯食べるのって韓国ではふつうなの?!

「女の敵は女」発言に対して、「そういうことを言う人はきっと経験があるのでしょうね」と言い返すヨジン!みんなが一斉に固まる、咳払い&検事長やシモクでさえも凍らせるヨジンさすがです!このシーンのメイキングがあったらいいのになー(笑)

「07」の正体が判明。彼の途中からメガネかけなくなったのと関係があるのでしょうか。というか、どういうシチュエーションで「07」が被害者の目にとまったのかが不思議。そして、ソ・ドンジェパイセンの行動が、いつも自分の想像の斜め上を行っていて、楽しませてくれる!憎めないイイ奴なんだと思うけれど、この先どうなるんだろう???