カラフルキャラメル

-映画・美術・旅行・お茶など-(基本的にネタバレで好き勝手、雑に書いています)

ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日(Life of Pi)

f:id:colorfulcaramel:20130210193942j:plain

So which story do you prefer?
(ネタバレです)
発光のキラキライメージ&カニバリズムで『ひかりごけ』を観終わったあとに思い出しました。前にTBSラジオ「たまむすび」で町山さんがこの映画を紹介していたときに、リチャード・パーカー(トラ)の名前の由来やミニョネット号事件のことを言っていたのですが、すっかり忘れていました。きっとこのことを覚えていたら、ラストのオチにはピンと来るのでしょうね。もう一回観たい。おそらく、パズルがはまっていくようにパイの心象表現が判るようになるのでしょうか、ミーアキャットの人食い島の意味など。パイは3つの宗教を信じていたワケですが、何を信じて生きていくべきか、また、嵐の中で神に叫ぶシーンでの「神よ、なぜトラを恐れさすのですか?」という問いは、トラ=パイだと判ってから考えると、トラはパイの中の狂暴性、狂気、理性で抑えられないものなので、恐れなくなったら生きていけない、または全能感を持たせないため、なのかなと思いました。これほどまでのことをして生きたいのか、生きるということは素晴らしいことであると同時に残酷なことでもあると心底思いました。私だったら心が折れてしまいそうと観ながら何度も思ったけれど、こういう状況に陥れば、人間に備わっている本能でなんとかサバイブしていくのでしょうか...?