カラフルキャラメル

-映画・美術・旅行・お茶など-(基本的にネタバレで好き勝手、雑に書いています)

秘密の森 Ep.16 最終話

f:id:colorfulcaramel:20170805200412j:plain

6、7月は土日がほんと楽しみでどっぷりハマったYO!今まで海外TVドラマは一気見することが多かったけれど、4月の『ベター・コール・ソウル』S3 や『秘密の森』みたいに、毎週配信されて、それを待ち遠しく1週間を過ごしたり、配信後にTwitterなどで観ている人の感想を見たりするのが楽しくて、こういうのもいいなと。『ベター・コール・ソウル』の監督・脚本家・出演者たちのポッドキャストや、『秘密の森』ではメイキング映像とかオフショットの写真がたくさん配信されていたので、それも楽しませてもらった要因。

最終話!
次長ー!検事長ー!秘書官ー!先輩ーー!!
「先輩、いい響きだ...」
正義の人、死をもってというのもわかるけれど、でもねって私たちが思うところをシモクはTV出演でヒーロー化しないで代弁してくれたし、ヨジンの言った言葉を引用するところにヨジンと共に闘う同志としての絆を感じた。シモク、ヨジン、チャン刑事は次長やユン課長に対して何があっても罪人を裁くのは法であって、その人に裁く権利はないと考え、屈しない側で頼もしい。特にチャン刑事は子供が居るからユン課長の気持ちが決して解らないわけではないと思うけれど、だからこそキム・ジョンボンの就職祝い飲み会で不機嫌なのは、ユン課長のことを好きだったからではないかな。葬儀でのシモクの怒りを見る次長の表情が今思うと印象的で、見て見ぬフリは...と言っていたのもこの時のアンサーだったのですね、先輩。ダンボールを沢山集めてもコーヒー1杯分にもならないって言っていたのも、弱い立場の人間をたくさん見てきたからなんだろうな。というわけで今まで見てきたものが覆されて見方が変わってしまうような最終話でした。割と最初の方で、シモクがこの机(次長の座)に座りたいって言った時に「お前も出世しか考えない奴なのか?」って言う次長、心の中でぐぬぬとか思ってんのかなwwとか考えると2周目も楽しめそう。

 「1人でお酒飲むなんて成長したわね!」
シモクとヨジンの屋台シーン、姉ちゃんと弟みたい(笑) お互い、新しい出発には立ち会えないけれど、別のところでも揺るがず闘い続けていくであろう信頼感が良かったです。ふたりの乾杯が見られて良かった!「料理を作る人が変わったからしょっぱくない」「唇が赤くてヘン」って素で言っているっぽいシモクには萌えだわ~ ヨジンも思わず笑い出しちゃってるし!検事って転勤が多いイメージで、自宅にある紐でくくられた本とかって引越ししてほどかず使わないでまたそのまま引越しみたいなことなのかと思ったけれど、何でマンション買っちゃったんだろ?地方へ飛ばされることに対して抵抗なくすぐに受け入れるフットワークの軽さみたいなところを見て、なんとなく「オデッセイ(火星の人)」の鑑賞後の爽やかさや主人公の独身者という点、家族を感じさせないところからくる軽さを思い出したりして。カタルシスは全くないけれど、爽やかな気持ちで観終わりました、良いドラマだったな。そしてS2へ続く...って感じか?!
ソ・ドンジェ パイセン is back!(いろんな意味で)ってことで、私の涙を返してください。動きが予測不能というか予測通りというか、マジ笑わせてくれて、ほんとに最高ww

f:id:colorfulcaramel:20170805214745j:plain

南海に行かないでー!(笑)
係長と実務官の明るさに救われたー。この2人だって次長やウンスと長い時間過ごしてきたわけだし辛かっただろうなぁ。次の上司はソ・ドンジェだし...