カラフルキャラメル

-映画・美術・旅行・お茶など-(基本的にネタバレで好き勝手、雑に書いています)

【1】スイス旅行日記 6日目

f:id:colorfulcaramel:20140216175643j:plain

ホテルの朝食は、パンは普通(´・ω・`)、チーズ、ハムは美味しかった。野菜、ヨーグルトもあり、もりもり食べる。やはり朝食込みの方がラクでいいな。チューリッヒは都会だからか、車の音やパトカー、救急車の音が割と騒がしい。また1本隣の通りは賑やかな通りで土曜の夜だったせいか騒がしかった...仕方ないか。
チューリッヒ(Zürich HB)→ヴィンタトール(Winterthur Hauptbahnhof) 09:07発-09:33着のInterCity。美術館は10時からなので、駅から街の中心までぶらぶらお散歩。教会の鐘が鳴りまくっててモノスゴイことになってて笑える!教会の前に、Boa Couture Winterthurというお洋服屋さん?キレイな布や刺繍、スパンコールなどうっとりするような素敵なお店がありました(日曜日なので閉まっていて入れず)。
■オスカー・ラインハルト美術館 アム・シュタットガルテン (Museum Oskar Reinhart “Am Stadtgarten”)
<Exhibitions>
Home Grown「Winterthur Painting through the Centuries」
・A Munzkabinett Retrospective「Johann and Friedrich Aberli Two Winterthur Medallists」
地元作家の展覧会、知っている作家が居なくて、しかもあまり興味がない年代で...あっさり観終わってしまった。
ヴィンタートゥール美術館(Kunstmuseum Winterthur)
<Exhibitions>
・Gerhard Richter: Streifen und Glas

f:id:colorfulcaramel:20140309115419p:plain
・Gerhard Richter: Von Elbe bis November / Arbeiten auf Papier aus der Sammlung

f:id:colorfulcaramel:20140309115429j:plain
ポッドキャストとかYouTubeとか充実してる...

Gerhard Richterの展覧会、素晴らしかった。コレクションも素晴らしい。
窓口のおねいさんが英語のヴィンタートゥール美術館ガイドをくれて、17館載っていたのだが、ひとつの街でこれだけレベルの高い美術館がたくさんあるのってスゴイことだなぁ。Villa Flora Winterthurのコレクション展が面白そうだったけれど、2/19からで残念(涙)...先日のアンソール展といい、こんなんばっか!
あと、美術館に子供がたくさん居ることは良いこと!しつけがきちんとしているのか、騒ぐ子供も見なかったし、ベビーカー利用で鑑賞可能なところもあるし、土日でも人が多過ぎないのも良い。日本の企画展は人が多過ぎて、まず行く気にならないんだよな。
■オスカー・ラインハルト・コレクション アム・レマーホルツ Sammlung Oskar Reinhart"Am Romerholz"
Museum Busが街の美術館間を巡回しているのだが、時間が合わず...10番のバスでHaldengutで下車、道に沿って、坂を上って、10分くらい歩くと到着!カフェでランチでもしようと思ったら、混んでるうえに、スタッフが忙しそうで案内すらしてもらえず、諦めて、そのままコレクションを観に。素晴らしかった!クラナッハ、エル・グレコ、印象派など。ルノワールはそんなに好きじゃなかったけれど、あらいいじゃないー。ボナールはやっぱり好き。素晴らしくて、館内2周くらいして、美術館を出る。またもや、Museum Busの時間が合わず(*´Д`)!持参した無印良品のバームクーヘンとバーゼルのホテルの部屋に付いていたお菓子を食べながら、来た道を戻る。ちょうど運よく10番のバスが来たのでラッキー!駅へ戻り、ヴィンタトール(Winterthur Hauptbahnhof)→チューリッヒ(Zürich HB) 14:55発-15:21着のIRでチューリッヒへ。ヴィンタトールの駅でコーヒーを買う、これが今日初めてお金を使うよ。なんだか、お金を使う日と使わない日の落差が激しくて、加減が難しい。このままいくと、スイスフランが余るか?チューリッヒに戻るとすぐに、Centralから7番トラムでMuseum Rietbergへ。
■リートベルグ美術館(Museum Rietberg)
<Exhibitions>
・African Masters Art from the Ivory Coast
・Canopies for the goddess Indian Textile Art
ホテルのおねいさんがおススメしてくれた美術館。全く存在すら知らなかったから、教えてくれて、本当にありがたい!ヨーロッパ以外のアジア、南米、オセアニア、アフリカなどの美術を展示。日本では、浮世絵、能や狂言のお面、仏像など。
今日は4つも美術館をまわるとは思わなかった。5日間で11館、自分としてはパーフェクト!日曜日でお店が閉まっていて、お買い物もできないので、ホテルに戻ることに。しばらくダラダラして、早めに夕飯に出掛ける。近場のニーダードルフ通りのイタリアンで、赤ワインと野菜がたくさん入ったタリアテッレ(コルマールに続き、また食べてる!)を注文、水も食後のコーヒーも頼まず、嫌な客だなぁ。でも給仕のひともなんとなく悪いひとではないけれど、感じが良くなくて、食べ終わったらさっさと出てきて、ホテルでコーヒーを(泊まったホテルは、エスプレッソマシンが付いているので、ホテルに帰れば、タダでコーヒー飲める←ケチ)。明日は飛行機乗るだけ。5日間あっという間だった。さすがに疲れているけれど、体調崩さず、薬も飲むことなく、やってこれて良かった。昔、このテンションで3ヶ月間ヨーロッパを旅行していたのはホントに若さだったなぁと思う。ここ数年、ソウル、台北、香港とアジアを旅行したときはホテルに戻っては休憩ばかりしていたけれど、今回は観るものが多過ぎて、そんな暇がなかったし、わたしもやればできる子じゃないか。