カラフルキャラメル

-映画・美術・旅行・お茶など-(基本的にネタバレで好き勝手、雑に書いています)

【1】スイス旅行日記 5日目

f:id:colorfulcaramel:20140215213053j:plain

のんびり起床。旅行中いつも寝汗をかいているのだが、これって部屋が暑いせい?旅の緊張で自律神経がおかしくなっているせい?ホテルからマルクト広場までお散歩。前日適当に歩いていたので、また同じところをぐるぐる歩いていたり。マルクト広場前の素敵なCafé Confiserie Schiesserの2階で朝ごはんです。アプフェルシュトゥルーデル(Apfelstrudel)のクリーム添えとクロワッサンとコーヒーを注文。優雅なひとときを過ごす(14.90CHFといいお値段...)。他にも席が空いているのに、なぜか私と相席するおばちゃん(笑)。1階で生チョコレートを購入した際に少しだけドイツ語が話せて満足(Ich nehme das.=これください、だけだけど)。マリオ・ボッタの建築の国際決済銀行を観て、ホテルに戻り、チェックアウト。バーゼル(Basel SBB)→チューリッヒ(Zürich HB) 10:07発-11:00着 (ドイツ鉄道DBの列車ICE) 駅に着くとすぐ出発なので走り、汗だくで席に。車内切符チェックではDBだからかSwiss Passを見せるとパスポートの提示を求められた。今回の旅で初めて!やはりドイツはちゃんとしているのかしら?チューリッヒに到着し、ホテルSorell Hotel Rutliへ行こうとしたら、道を一本間違えて、ニーダードルフ通り(レストランやバーなど夜遅くまで賑やかな通り)を歩いていた...軌道修正し、無事ホテルへ。お昼前でチェックインにはまだ早いから荷物だけでも預かってもらおうと思っていたら、思いがけずチェックインでき、部屋に入れたのでラッキー!早速荷物を置くと、Manoraデパート5階のセルフ式カフェ(好きなものを取ってレジに持って行ってお金を払うシステム)でランチ。今まであんまり1人で気がね無く入れる食堂っぽいところに行ってなかったから、すごく気が楽(値段は安くない...こればっか)。ぶらぶらハイブランドストリート(バーンホフ通り)を散策。景気の良さそうな通りだな。おしゃれ文房具店(ノート好きとしてはたまらない)があったが、そこそこいいお値段していて、北欧系だったので、何もここでなくても日本で買えるかなと思い留まる。
大聖堂でのシャガールのステンドグラスに感動。シャガールといえば、昔、出会った頃の大学の友人Mちゃんに「シャガール好き?」って聞かれて、「あんまり好きじゃないなー」って答えたの20年位前だけど、今でもはっきり覚えている(笑)!その後、聖母聖堂へ。教会へ行くと座って休めるからいいよねー(アウトな発言)。
チューリッヒ美術館(Kunsthaus Zürich)

f:id:colorfulcaramel:20140301232817j:plain

<Exhibitions>
・From Matisse to the Blue Rider Expressionism in Germany and France
Swiss Passが使えず、ガビーン...入館料25CHF、高い(こればっかり)。すごく見応えがあって疲れます...←嬉しい疲れ。絵葉書やカタログが高価で買えず、脳みそに刷り込むしかないのだけれど、ここ数日でどんどん上書きされているので、忘れてしまいそう。どこの美術館でどの作品を観たかということはきちんと覚えておきたいところだけれど、相当復習をしておかないと!またまた、ベーちゃんに出会う。ボナールや印象派が多かったし、大好物なイタリア・ルネサンス期作品も数点あった。美術館内ではフランス語を話す親子3人が印象的で、絵画の解説(受胎告知やキリストの誕生について)を2歳くらいのムスメちゃんにしていて、微笑ましいというか知的レベル高い!その後、その親子が別のひとにドイツ語で話し掛けられて、皆でドイツ語で話し始めたりと、スイスのひとの語学力ってスゴイなぁと感心しっぱなし。チューリッヒ湖まで歩いて、ベンチでしばしボーっとする。晩ごはんを全く外で食べてないから、日本語メニューがあるとガイドに書かれてあった、Zeughauskeller Zürichへ。17:00前なのに予約ですでに満席。19:00からの予約席のところで私が19:00までに食べ終わるならばいいよと席を用意してくれた。ローストチキンとジャガイモの付け合わせ&ビールを注文。ジャガイモが皿の半分を占めていて笑える!ビールも美味しかった!お兄さんが親切で日本語も交えて話してくれて、好感が持てました!追加のビールの注文を迷ったけれど、そのままお会計をしてもらって、スーパーでビールを買って、ホテルへ戻る。TVではベルリン国際映画祭の授賞式をやっていて、審査員にトニー・レオンクリストフ・ヴァルツ。結果はアジア勢がスゴイことになっていて嬉しい!芸術貢献賞に婁燁(ロウ・イエ)『推拿』、最優秀作品賞に『Black Coal,Thin Ice (白日焰火)』、男優賞に『Black Coal,Thin Ice (白日焰火)』の廖凡(リャオ・ファン)←トニー・レオンがプレゼンター!トニー・レオングイ・ルンメイが握手していたのも印象的でした。女優賞に山田洋次監督『小さいおうち』の黒木華←日本語スピーチがスイスのTVで聞けるとは思わなんだ。
いやー、バンバンお金が消えていくので買い物欲がセーブされて、スイスで買わなくてもなぁ...と躊躇してしまう。フライターグFREITAGのバッグが欲しいけれど、日本と変わらないような気がするけど、どうなんだろう?(→結局時間が無くて、店に行くことができず...電車から本店のコンテナみたいなのは見たよ)母親に頼まれていたマグカップで良さそうなのを見つけたので購入。明日日曜日はお店が全部閉まっているので、あとはもう空港で全部お買い物すればよいか...