カラフルキャラメル

-映画・美術・旅行・お茶など-(基本的にネタバレで好き勝手、雑に書いています)

ブルーノのしあわせガイド(SCIALLA!)

f:id:colorfulcaramel:20110907103116j:plain

ストーリー:ローマで独り暮らしを送る独身中年男のブルーノ(ファブリッツィオ・ベンティヴォリオ)は、ゴーストライターとしてタレントの伝記執筆や元教師の経験を生かした補習塾で生計を立てていた。決して余裕のある生活とは言えないが、当の本人にそれほど焦りはない。自由気ままな生活を楽しんでいたブルーノは、ある日、生徒の母親から“自分が留守にする半年の間、一人息子と同居をしてほしい”と依頼される。しかも、その息子ルカ(フィリッポ・シッキターノ)は15年前にブルーノとの間にできた子だと言うのだ。驚愕の事実を知らされながらも、父親であることを告げないまま、ブルーノはルカとの共同生活を始める。音楽とボクシングに夢中で、朝礼には出席しない、教科書を持って行かないなど、学校ではちょっとした問題児として教師を困らせているルカだったが、同居する前から、なぜかブルーノの補習塾には欠かさず顔を出していた。ブルーノはそんな彼を、聡明で愉快な青年だと考えていた。ある日、ルカが通う高校から面談に来るよう連絡を受けたブルーノは、担当教師から“成績が悪く、このままでは落第だ”と聞かされ、ルカと真剣に向き合おうと決意する。まるで父親のようにあれこれ面倒を見るブルーノに最初は反発しながらも、次第に学ぶ楽しさを知ってゆくルカ。その一方、自伝執筆の依頼を受けたポルノ女優・ティナ(バルボラ・ボブローヴァ)の自宅を訪れたブルーノは、ルカと同い年の彼女の息子が、成績優秀でスポーツ万能だと聞き、ますますルカを何とかしなければと考える。同じ時間を過ごすうち、いつしか父と子のような絆で結ばれてゆく2人。だがある夜、勉強の途中で悪友たちと遊びに出たルカは、危険なトラブルに巻き込まれてしまう……。(以上、Movie Walkerより)
「Scialla!」はローマの若者の間で流行っている言葉で、英語だと「Take it easy!」みたいに「まあいいから」「落ち着いて」「気楽にね」「心配ない」って感じの意味だそうです。sciallaをsciallarsiのように再帰動詞的に使ったりもするらしい。若者言葉、おもしろーい!
ブルーノの「お金があるようには見えない」とバールの店員に言われてしまうくらいのくたびれ加減、ダメでやる気ないのがにじみ出ている感じがサイコー!滑り台から滑った後の腰痛で起き上がれないところのコミカルさったら!そして、ルカの勉強できなくても前向きで、学校の人気者(ゴミ箱に入って階段の上から滑り落ちたり、女の子に興味がないボンクラ感満載!)で、ドラッグはやらないイイ子で、なんにでもなれる可能性を秘めた15歳の姿が眩しくて…
ブルーノのように感性を褒めて伸ばしてくれるような大人がいれば、少しでも自分を認めてもらえたという自信につながるし、それがギャングのボスでありながら、トリフォーやらパゾリーニやら芸術を愛する詩人(Poeta)のような人物を生み出して、ええーっていうエンディングにつながったりするわけで...私のように就職するための勉強を全くせず、ひたすら好きな芸術ばかり勉強して、その選択をした時点でまともに就職はできない覚悟を背負って、好きなことばかりしてきた人間にとっては、生きる(就職)術としての教育と、教養や感性は人間性を豊かにするけれど、お金に結びつかないというところは、考えてしまうところがあったな。教師が志高くても、それが伴わない理想と現実があるといった教育問題を扱う社会派な作品でもあるのか。ブルーノのはじめはやる気なかったのに「物事は規則正しくやらないと意味がない」と途中から教師魂を発揮したスパルタ教育っぷり…彼もきっと志高い北部のインテリ教師だったのでしょうね。
長年ひとり気ままに自由に暮らしていると、ひとと真剣に向き合って、ぶつかり合ったり、受け入れ合ったりするのはとてもエネルギーの要ることで逃げ腰になる気持ちはすごくわかるー。しかし、それを乗り越えることで自分も成長していくし、ひとから尊敬されたり、絆が深まったり、信頼が生まれたり。ブルーノとルカがお互いを思いやりながら、暮らすようになり、ルカがきちんと学ぶことの大切さに気付いて、自分から勉強しようという気になってくれてヨカッタ、ヨカッタ。
古代ギリシア文学の同性愛のくだりで、想像して爆笑しているルカを苦々しく見ているブルーノ(笑)、「教師の心、生徒知らず」といったところか。ラテン語の活用を頑張って覚えているルカの姿に、ほーんと日常で使わないのにって思いながら、古典の活用を一生懸命覚えた自分の学生時代が蘇りました(古典スゲー苦手だった)。
ある朝、ポルノ女優の美女がブルーノの部屋から出てくるときのルカの表情が可愛らしかった!ブルーノ、やるなぁって思っていたと思うけれど、あれって、ほんとに抱き合って寝ただけだったのかな(笑)?
ブルーノ役のファブリッツィオ・ベンティヴォリオは『まなざしの長さをはかって(La giusta distanza)』という映画でも、バールの注文でサンドイッチのピーマン抜きがどうたら…ってやっていたし!